セックス後に緊急避妊ピルで吐き気が出た場合の対処法

緊急避妊ピルというのはその名前の通り、避妊に失敗してしまった場合に緊急的に事後的に飲むことで、少しでも妊娠確率を下げる為の薬です。しかし妊娠確率を下げることが出来るというメリットがある反面、服用することで各種の副作用が出てしまうというデメリットもあります。特に使用者を悩ませているのが、セックス後に緊急避妊ピルを服用したものの副作用として吐き気を感じてしまってせっかく飲んだ緊急避妊ピルを吐きだしてしまうという事態なのです。せっかく緊急避妊ピルを服用して妊娠確率を下げることが出来たのに、副作用によってピルを吐きだしてしまったのであれば、元も子もありません。なので例え吐き気の副作用が出てしまったとしても、頑張って薬を吐かないようにすることが大切なのです。
それでは緊急避妊ピルを飲んだ後に吐き気が出てしまって吐きそうな場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。一番良いのは市販の吐気止めを飲んで吐き気を抑えることです。幸いにも市販の吐気止めと緊急避妊ピルとは併用することが出来るので、吐き気を感じてしまったら迷うことなく市販薬を飲むことが出来るのです。それから万が一市販の吐気止めが効かない場合、病院等に行って吐き気止めの点滴を打ってもらうのも有効的です。病院に行けばプリンペラン等の吐き気を抑えるのに効果がある点滴が沢山用意されていますので、効果的に吐き気を抑えることが出来るのです。とにかく色々な方法を使って、せっかく飲んだ緊急避妊ピルを吐きだしてしまわないようにすることが大切です。無事次の生理が来るまではとにかく安心出来ないのが緊急避妊ピルです。なのでなるべく次の生理が来るまでは、冷静な心理状態でいたいものです。